FiNETIK – Asia and Latin America – Market News Network

Asia and Latin America News Network focusing on Financial Markets, Energy, Environment, Commodity and Risk, Trading and Data Management

MetaBit opens Dalian, China based Offshore Development Centre / メタビット、大連(中国)に開発センターを開設

Tokyo, Dalian, 20 October 2009 – MetaBit announces the opening of a dedicated offshore development centre in Dalian, China.  Staffing and line management have been outsourced to Tiger Stone International, Dalian Branch, a subsidiary of Tokyo based Tiger Stone International Co., Ltd. (TSI).  TSI is a specialist solution provider that services Japan’s financial industry with China based offshore development, and also offers a proprietary product line in the area of algorithmic trading and risk management.

The new dedicated development team managed by Tiger Stone International will focus on providing MetaBit with additional development capacity for rapid expansion of their intuitive XiliX trading platform and ALPHA low-latency FIX exchange gateways to Asian markets.

“After careful evaluation of several options for offshore development, MetaBit has selected Tiger Stone International in Dalian, China to be the responsible party to offer us their services.  Of particular importance in the selection was our confidence in Tiger Stone International’s trusted leadership and professional skill set,” comments Daniel Burgin, MetaBit CEO who continues, “Cost effective labor is still plentiful in Asia, but eventual success, efficiency and longevity of offshore development are built on trust and the quality of local management to represent our interests.  TSI offered low cost development in China, trusted leadership, and extensive technical and business experience in the financial industry, proving a compelling solution.  This new partnership represents an important milestone in MetaBit’s strategic expansion in Japan and Asia.”

John Edwards, MetaBit CTO explains, “Sydney will remain the core development centre of MetaBit and will continue to grow, albeit at a slower rate than in 2008/2009.  Jointly with Tiger Stone we have established an extensive know-how and training program to create an efficient and solid China based development centre.”

Huyan Song, Tiger Stone International CEO ,was born and educated in Mainland China and has spent his working career in Japan’s financial industry, gaining specialist expertise in the FIX Protocol, risk management and algorithmic trading solutions.

Song comments, “Tiger Stone delivers a dual service to the financial industry; the combination of providing offshore services, and licensing our own product line which focuses on algorithmic trading and risk management solutions for buy and sell side clients.  Due to our industry expertise, we employ skilled labor that is bilingual Chinese/English or Chinese/Japanese.  We have had a successful partnership with MetaBit since 2008, with focus on product synergies.  Today, I am pleased that the relationship has expanded to leverage Tiger Stone’s offshore development services.  As of October, an initial six of our Dalian based staff have been dedicated to MetaBit, and are currently undergoing an extensive training program to familiarize themselves with MetaBit’s technology and products.  Tiger Stone’s own product line of algorithmic trading and risk management is tailored for mid-tier securities firms that face the need to offer such services to institutional buy sides, but suffer from lack of internal resources and expertise.”

メタビットシステムズ株式会社(以下メタビット)は、大連(中国)に開発センターを開設することを発表しました。スタッフと現地のマネージメントは東京に本社があるタイガーストーンインターナショナル株式会社(TSI)の子会社、タイガーストーンインターナショナル大連支社に外部委託することになりました。TSIは中国を拠点に日本の金融機関に開発のアウトソーシングと、自社開発製品のアルゴリズム取引とリスク管理分野における製品を提供しているスペシャリストです。

タイガーストーンインターナショナルによって新しくメタビットの開発に従事するチームは、メタビットの直観的トレーディング・プラットフォームXiliX(ザイリクス)および低レイテンシーFIX取引所ゲートウェーAlpha (アルファ)のアジア市場での急速な拡大に必要な開発力を補助することになります。

メタビットCEOダニエル・ブルギン氏は、「オフショア開発の様々な選択肢を入念に評価した結果、メタビットはタイガーストーンインターナショナルの大連支社にサービスを提供していただくことを決定いたしました。決定に際し特に重視した点は、タイガーストーンインターナショナルの信頼あるリーダーシップとプロフェッショナルな技術力にありました。また、アジア地域における低コストの労働力は数多く存在しますが、最終的に成功と効率性をもたらし長期的にオフショア開発を行うには信頼と我々に代わって取り仕切る現地管理の質の上に成り立つものです。TSIは中国において 低コストでサービスを提供しつつ信頼のあるリーダーシップ、豊富な技術力と金融機関での実績があり、決定にいたりました。この新たなパートナーシップはメタビットの日本とアジアにおける戦略的市場拡大の重要かつ画期的な出来事であることを表しています。」と述べています。

メタビット技術部長ジョン・エドワーズ氏は、「シドニー支店はメタビットの中枢技術開発センターとして2008年、2009年の増員と比べると多少緩やかにはなりますが今後も増員していく予定です。タイガーストーンと共同で広範囲なノウハウとトレーニングプログラムを構築し実践的で強力なオフショア開発センターを中国につくることができました。」と述べています。

タイガーストーンインターナショナルCEO松木虎岩氏は中国本土の出身で日本国内の金融機関においてFIXプロトコル、リスク管理およびアルゴリズム取引システムソリューションの専門知識を得ました。

松木氏は、「タイガーストーンは金融機関に二つのサービスを提供しております。オフショアアウトソーシングサービスおよび自社開発製品であるアルゴリズム取引とリスク管理ソリューションをバイサイドとセルサイドに提供しております。弊社は中国語/英語もしくは中国語/日本語のバイリンガルで技術力の高い人材を採用しています。メタビットとは2008年より両社製品の相乗効果を目的としたパートナーシップを提携しております。今日、メタビットがタイガーストーンのオフショア開発サービスを活用していただいていることを嬉しく思います。10月時点では大連支社から6名のエンジニアがメタビット開発の専属となり、現在集中的なトレーニングプログラムによってメタビットの技術と製品を学んでいます。タイガーストーンのアルゴリズム取引とリスク管理システムは、バイサイド顧客にそのようなサービスを提供する必要性に直面しながら不十分な社内リソースと専門知識のために躊躇している中堅証券会社向けに開発された製品です。」と述べています。

Source: MetaBit, 20.10.2009メタビット

Advertisements

Filed under: China, FIX Connectivity, Japan, News, Trading Technology, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Leave a Reply

Please log in using one of these methods to post your comment:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: